へちやぼらけのブログ

総PV数5万を達成し着々と知名度を伸ばしつつ、やっぱりまだまだ駆け出しのブロガーのブログ

東京で働くSE(2年目)です。
経済学、統計学や会計など、数学ちっくな学問に興味あり。

ぶんぶん商品比較(ヒカクキン)、目から鱗の役立つ本の紹介などなど書いてます。
もっともっとブログを盛り上げていきたい。ゲーム音楽が大好きです!

「やはり俺の青春・・・」を読みました。

お久しぶり、へちやぼらけです。

最近、団体行動もいいけど単体行動も気楽で良くね?

とか思ってる20代ですw 

 


今回は、

「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」(ガガガ文庫、作者:渡航)

を読んだのでその読書感想文を、少し。


ラノベなので、抵抗ある方もいると思うのですが、

個人的には、とても楽しめました。

9巻+α(10月現在)あるのですが、読みやすくて一週間くらいで全巻読めますよ。


さて、いつもの超簡略あらすじなんですが、

「友達が全くできずに、1人ぼっちな学生時代を歩んだ主人公が

高校でも殆ど友達が出来ない。が、何故か学校の為にドタバタと働かされるお話」

です。


幼い時から集団に疎外され続けた主人公。

やっぱり、考え方も世間と違う。

ただ、物語でちょくちょく垣間見える

主人公の捻じ曲がった精神論は、不思議と共感できるものばかり

(あれ?共感できたらいけないのかな??w)

 

集団から疎外されてきたからこそ、

到達できる彼の斬新なモノの見方なのでしょうね。

面白いですよw 

 

彼のブラックユーモア溢れる捻じ曲がった精神論

皆さんの考えや常識を、良い意味でも悪い意味でも

変えさせてくれそうです。

 

そんな、何かと不幸な主人公ですが、

〇自分の考えを周りや雰囲気に無理やり合わせない。

〇1人ボッチでも、やるべきことはしっかりとやる。

〇場合によっては、理路整然と自分の考えを主張する。

スゲーメンタルの強さを持ってるんですw

 

 

そこで、

メンタルの強さの根源を勝手に考察しました。

色々考えましたが、結局↓


相手に過剰な期待をせず、

自分にも過剰な期待をしない。


なんじゃないでしょうかw

 

「願い叶わぬと泣き叫ぶのは 過剰な期待を身にまとうから(歌詞:中山優馬)」


例えば、読書ブログを書いてる人が

アクセス数が伸びない日があったり、暴言を書き込まれたとしましょう。


これが、相手や自分に過剰に期待してしまうと、

何で誰も見てくれないの?何でそんなひどいこと書き込むの?

と、相手や自分自身の期待が高い為に心に大きな傷を生むわけですね。


それが、期待をしないとどうすか?

想定内の結果なので、何とも思わない。

大抵のことは、受容できてしまいます。

更に、期待を極限まで低くすることで

応援や、お褒めの言葉、ちょっとアクセス数が伸びる。

これだけで、大歓喜できますね~ww


辛い思い出も、歓喜に変わる。

もうこれは、最強のメンタルの持ち主と言ってもいいんじゃないでしょうか?w

 

主人公ちょっと気になったでしょ?

ただ、この物語の面白いところは、

登場人物の豊かさにもあります。

物語に登場するキャラクターは

どこか、個性的で深みがあって、

「こんなヤツいるは~」と共感ができる人ばかり。

この本を通して、皆さんも新たな出会いを探してみては・・・w


毎回、こんな自己満足ブログに付き合っていただいて恐縮です。

 

今日はお終い。

さようなら。また次回。

(ちなみに、自分のブログには、誹謗中傷を書き込む人なんて、1人もいませんよw)