読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へちやぼらけのブログ

総PV数4万を達成し着々と知名度を伸ばしつつ、やっぱりまだまだ駆け出しのブロガーのブログ

東京で働くSE(2年目)です。
経済学、統計学や会計など、数学ちっくな学問に興味あり。

ぶんぶん商品比較(ヒカクキン)、目から鱗の役立つ本の紹介などなど書いてます。
もっともっとブログを盛り上げていきたい。ゲーム音楽が大好きです!

「話し方入門」を読みました  ~偉人に学ぶトーク力向上講座~

こんにちは、へちやぼらけです。

 

まだまだ、寒い日が続きますが、

暦の上では立春を迎え、春らしいですね。

う~ん、立春

嘘だろw


今回は、D・カーネギー著の

「話し方入門」を読んだので

少し紹介をしたいと思います。


突然ですが、みなさん!

 

友達との会話でも、

魅力的な会話力を持つ友人。

 

学校の授業で感動すら覚える、

説明がめちゃめちゃ上手な先生。

 

不思議と説得力のあって、

人々の関心をひきつけて止まない雄弁家。

 

そんな奴らに出会ったこと無いですか??

そんな奴らに憧れたことありませんか??


今回、紹介する「話し方入門」は、

そんな奴らに共通する会話の性質・傾向

話が下手な奴に共通する会話の性質・傾向

を焙り出し、解明しています。

 

更に、

解明した結果を素に、

トーク力を上げる為の

・多種多様なコツ

・速攻性のあるテクニック

・常に意識をするべき習慣

を極めて納得のいく形で紹介をしています。

(深い人間洞察に秀でた、

  あのカーネギーさんの本です。

   具体例も豊富で説得力抜群。)


話の冒頭はどんな会話が効果的か?

話の最後はどう締めくくれば良いか?

話の流れはどうしよう?

分りやすく説明するためには?

などなど・・・。

 

気になる内容が目白押し

 

トーク力を上げたい!

でもどうすれば良いの??って方は

この本を読まないのは、損だと思います。


ではでは、

ステマ(無償)はここまでで、

私がこの本を読んで

パラダイムシフト並みの衝撃を受けた

是非、紹介したいことを2つ!


①聞き手のことを考えよ!!

②話の内容よりも、演出が大事!!


①聞き手のことを考えよ

トーク力を上げる。。。

みなさん、

これを聞いて何を想像しましたか?

・話の構成

・話の内容

・言葉使い

色々想像をしたと思います。

しかし、どうでしょう。

話し手を中心で想像してませんでしたか?


それ、ちょっと待って欲しい!

トークの内容が独りよがりで、

聞き手が置いてけぼりになってないでしょうか?

その話を聞き手が興味を持って聞いてくれますか?


やはり、聞き手が合っての

会話、スピーチ、プレゼン。ですよね。

そして、

話し手の評価をするのは、聞き手ですよね。


ですので、この本でも書かれています。

聞き手を研究して、

聞き手が何に興味があるのか見抜き、

聞き手を喜ばせる努力をすべきです。

 


振り返ってみれば、

自分も日常で経験があります。

楽しそうに熱意を持って、

話しかけてくる知人がいます。

 

ただ、

分りやすく伝えようと、

努力しているのは垣間見えるのですが

話の内容が悉く興味の沸かず・・・。

全く話の内容に興味が無いから、

全く話が面白くないんですよねw

 

話の内容に興味が無いの、

なんで気付かないんだろう・・。

 

ごめんなさい、

はっきり言って聞き流してますw

 

②話の内容よりも、演出が大事!!

これも聞き手側に回って、

考えて欲しいんですが、

 

正直、聞き手って

話の内容をそこまで真剣には聞いてないですよねw

 

内容よりも

話し手の自信のある態度、

話し手の自信のある表情、

話し手の自信のある語調、

魅力を感じるはずです!

 説得力を感じるはずです!


納得いかなかった方は、

逆のケースを考えて見て下さい。

いかに、話の内容が素晴らしくとも

話し手がだらしの無い態度

話し手が不安な表情、

話し手が不安な語調、

で魅力を感じるでしょうか??

 説得力があるでしょうか??


話の内容以外にも、

見た目や話の仕方にも

注意を配りたいものです。

 

 

今日は、

ここでお終いにしたいと思います。

本で得た知識ですが、

皆さんのお役に少しでも立てれれば幸いです

 

ちなみになんですが、

この本の始めは、

「私の考案したセミナーに参加した人は、

みんな成功してますよ!」

的なステマっぽい感じがします?w


しかし、安心して読み進めて下さい。

その後きちんとみなさんが知りたかったことを

教えてくれるはずですw

 

では、どこかでまた・・・。