へちやぼらけのブログ

総PV数10万を達成し着々と知名度を伸ばしつつ、やっぱりまだまだ駆け出しのブロガーのブログ

VTuber大好きライター !
VTuber評論家として、気になったVTuberの魅力を日々記事にしてます。

【もこう系Vtuber?】自信家Vtuber「ハネたん」を紹介。

 【もこう系Vtuber?】スプラトゥーンで怒り狂った彼女は、ゲームパッドではなく、〇〇を割る。

 

お疲れ様です。
へちやぼらけです。

 

日々、増えていくVtuber達。限りある人生の中で、全てを視聴するのはもはや困難です。そこで、Vtuber評論家こと”へちやぼらけ”が気になったVtuberを独断と偏見でピックアップ!記事にしていきます。

今回紹介するVtuberさんは、「ハネたん」という方。可愛らしい見た目の猫耳少女。彼女の魅力について迫ります。

 

◇Vtuber「ハネたん」

f:id:hetiyaborake:20180525065942p:plain

デビューは2016年12月。Vtuberデビュー前から、youtubeで活動していた方。3Dではなく、二次元の絵を使用して、ゲーム実況などを手掛けていた。声は、機械音。声の抑揚のふり幅がぶっ飛んでて、感情の高ぶりと共に彼女の声がとんでもない高音になる。

そんな彼女、2017年12月に突如動画の更新をストップ。その後5か月にわたりyoutubeから姿を消した。そして、2018年3月についに沈黙を破り、Vtuberとしてデビューした。空白の5か月は、モデル制作に費やしていたようで、本人曰く3Dモデル化に苦戦したとのこと。

f:id:hetiyaborake:20180525065254p:plain

Vtuberとしてデビューした彼女の動画は、進化を感じさせるには十分な出来だった。マシンガントークのような彼女のトークはそのままに、あたふたと動き回る3Dのハネたんがベストマッチ。にぎやかさ、活気さ、可愛らしさが何十倍もパワーアップした動画になった。

f:id:hetiyaborake:20180524224430p:plain

表現力が増した彼女の動画だが、声は変わらず抑揚のふり幅が激しい”エイレーン”ボイス。そして、相変わらずの自信過剰。外見は変わっても中身は変わっていない。

 

●性格

「自分は、超絶天才。」「私は可愛い」と恥ずかしげもなく、堂々と言ってみせる。その根拠は分からないが、相当な自信家。何でも前向きに解釈するポジティブシンキングの持ち主でもある。そのあまりの前向きさ、自信過剰さは、日本一。今の日本には、絶対いないようなタイプの人だ。

f:id:hetiyaborake:20180525073158p:plain

舌に油を差したように、思ったことがスルスルと口からでてくるタイプの人。

 

●動画

メインは、主に流行りのゲーム実況。本人曰く「神プレイ」を動画にしているとのこと。ただ、自信過剰が仇となり、理想と現実との差にぶちぎれる場面も。

f:id:hetiyaborake:20180525073352p:plain

怒り狂う彼女は、ゲームのキャラのせいにしたり、ゲームの設定に切れたり、相手に切れたり、とりあえず自分の性にはしない。自分にとって都合の悪いことは、とりあえずバグだ。

 

◇最強神プレイ

ここでは、彼女のメインの動画となるゲーム実況について、紹介していこう。

 

スプラトゥーン実況

スプラトゥーンに、相当自信がある彼女。超絶神プレイだと言い張る彼女の動画は、必見。メモ用紙を何ダースも用意して受講して欲しい、とのこと。

f:id:hetiyaborake:20180524224602p:plain

しかし、現実は厳しい。超絶神プレイと言い張る彼女だが、水中に落ちたり、敵に立て続けにやられたりと、理想とのギャップが激しい

段々とフラストレーションがたまっていく彼女。相手に切れたり、ゲームに切れたりと、情緒が不安定になっていく。

f:id:hetiyaborake:20180524225011p:plain

怒りが頂点に達した彼女。Vtuberは、ゲームパッドではなく、画面を直接割る。

f:id:hetiyaborake:20180524225155p:plain

 

 マリオカート

スプラ同様に、自信だけは。ある。しかし、理想とは異なり、凡ミスをしたり、相手に追い抜かれたり。現実は厳しい。

f:id:hetiyaborake:20180525075140p:plain

 自分にとって都合の悪いことは、ゲームのバグ。と、中学生みたいな言い訳をぶっこむこともf:id:hetiyaborake:20180525073556p:plain

 

動画内で、一位をとり、テンション上げて喜ぶ場面も。

f:id:hetiyaborake:20180524232413p:plain

 これには、素直に「おめでとう」と、彼女を称賛したくなってしまった。

 

以上。では。