へちやぼらけのブログ

総PV数17万を達成し着々と知名度を伸ばしつつ、やっぱりまだまだ駆け出しのブロガーのブログ

VTuber大好きライター !
VTuber評論家として、気になったVTuberの魅力を日々記事にしてます。

【絵を売って飯を食う!】Vtuber「松村 上久郎」を紹介

バーチャルは添えるだけ。陰キャの心に寄り添うVtuber「松村 上久郎」。

 

お疲れ様です。
へちやぼらけです。

 

今回もバーチャルユーチューバーを元気に紹介していきます!さて、今回紹介するVtuberは、とっても個性的。バーチャルは添えるだけで、中の人を全面に出し、筆者のような陰キャの心に寄り添ったVtuberさんです。

 

◇松村上久郎

輝夜月」「ミライアカリ」などに代表されるように、Vtuberをリリースする際には、キラキラした名前・一目を引くような名前にするのが一般的だが、彼の名は「松村上久郎(まつむら かみくろう)」。 

f:id:hetiyaborake:20180607010837p:plain

※「松村」さんの絵をネット上に無断で利用することが禁止されているため、今回は画像無しとなります。

Vtuberとしては、違和感を覚えるような名前だが、これは中の人の名前。自分の名前・声をそのまま使い、自分の分身としてアバターを作り出し、Vtuber活動を開始した。

彼を調べれば調べる程凄い方だというのがわかる。一言で言ってクリエイティブ。絵を描いたり、音楽を作って、それをネットに挙げていたら、いつの間にか仲間ができて、本やら絵やらラインスタンプやらを売って生計を立てている。 

f:id:hetiyaborake:20180607003151p:plain

ちなみに、社会人経験は3年しかないとのこと。正に好きなことで生きていくを体現している方だ。

f:id:hetiyaborake:20180607003609p:plain

 「松村」さんのバーチャルデビューは、2018年5月だが、2015年にyoutubeにてチャンネルを開設し、動画を挙げていた。今に至るまで、絵を描きながらその様子を実況する(お絵かき実況)という動画を3年間上げ続けていたが、2018年にブームに便乗する形で、バーチャルデビュー。始めて肉声をネット上に晒した。本人曰く「面白そうだったので、バーチャルデビューしてみた」とのこと。

ネット上では「イケボ」と書かれることもあり、これには本人も驚きの様子だった。ただ、しゃべりながら「でゅふふ」「でへへ」と言った、照れからくる笑いを終始抑えることができないようで、「The 陽キャ」という雰囲気の声ではない。芸術家気質のある、個性的な声の持ち主だ。

ちなみに声については、本人自身たびたびネタにしており、小学生の友人に「自分の声ってどんな声?」と聞いてみたところ、「もしゃもしゃした声」と形容されたらしい。

●仕事がなければ作ればいい

 

上述した通り、彼は好き勝手にやりたいことをやって、お金に換えている。

辛くならない絵の描き方

辛くならない絵の描き方

 

matsumura.booth.pm

www.youtube.com

◇どんな動画?

さて、Vtuberたる「松村」さんは、どんな動画を挙げているのだろうか?この章では、彼の動画について紹介しておこう。

●お悩み相談

人生相談、絵に関する質問などを受けて、「松村」さんなりの考えを聴ける貴重な動画。

●ゲーム実況

ゲーム実況も手掛けている。プレイするゲームはPUBG。雑談する時と同じような物言いで、冷静に立ち回っていく。落ち着いた雰囲気でゲーム実況を視聴したいという方にオススメ。

●雑談配信

 彼の、小・中・高の淡い青春時代を語ったりしている。彼の生き方に憧れや共感を抱いた方にオススメ。2時間にも渡る動画で、ラジオ感覚でじっくり聞けるのが良い。

 

以上。ではっ!