へちやぼらけのブログ

総PV数30万を達成!主にVtuber・VRの紹介記事などを執筆する。

VTuber大好きライター !
VTuber評論家として、気になったVTuberの魅力を日々記事にしてます。

【物申す】もこう先生がVtuberディスってたので、反論してみた~月1程度で投稿している者ですけども‥~

もこう先生の「物申す」を皮切りに、これからのVtuberの話をしよう。 

お疲れ様です。
へちやぼらけです。
Vtuber評論家です。

もこう先生のVtuber評論。今、話題ですね。「バーチャルさんは見ている」の批評を皮切りに、もこう先生が色々とVtuber界隈に物申しています。


【コメ付き】 もこう「バーチャルさんはみているはゴミクズ。勘違いしてるVtuberは消えろ」


バーチャルさんはみている が マジでゴミアニメだった話。

私も「もこう」先生に触発されて、こんな記事を執筆してしまいました。

hetiyaborake.hatenablog.com

批判を恐れず、こういう風に自分の思うことをはっきり言ってくれる人って有難いですね。とても貴重な存在だと思います。「もこう先生」に喚起されて、ファン・アンチ問わずVtuberに関する意見が活発に出てくるようになりました

「もこう先生」の炎上を恐れないファイティングスピリッツを見習って、これからのVtuberについて私も語ってみようと思います。言いたいことは3つ。以下言いたいことを書いていきます。

 

①「Vtuber」で括ることの終焉?

もこう先生は動画内でこう語るVtuberとしての意識が低い。Vtuberでも毎日動画を投稿しろ。それが出来ないならVtuberと名乗るな!」

あるべき論なのですが、「もこう先生」の動画を拝聴して「Vtuberとしての意識とは?」「Vtuberが毎日投稿すべき理由とは?」「Vtuberとは?」について考えるようになりました。

考えた末に導き出したことはコレ。そもそも「Vtuber」として一括りに評価することに意味が無いのではないか。ということ。

今記事を読んでる”あなた”に問いたいのですが、「Vtuber」というコンテンツを一括りで消費していますか?「Vtuber」というだけで、無条件にその人を応援するようになりましたか?

そんなことは無いと思います。それぞれ「推し」と呼ばれるお気に入りのVtuber(投稿者)を見つけて、その人を追い続ける。逆にそれ以外のVtuberの動画は見てないのではないか?

これは、youtuberのコンテンツ消費と全く同じ。〇〇が好きだから〇〇の動画を見る。〇〇が好きだから〇〇を支援する。ソシャゲ・テレビゲーム・漫画とかもそうですね。去年、Vtuberが流行り出した時には「目新しいコンテンツ」として、一括りにして評価したりしてましたが、多様化が進む中、一括りで批評する時代はVtuber界隈も終焉したと思います。

この1年でVtuberは増えました。本当に増えました。そして、多様化しました。自戒しないといけない面もありますが、「Vtuber」として1つに括って批評するのは終わりつつある。究極的には、youtuberとVtuberの区分け自体これからなくなっていくのだろうと考えています。

f:id:hetiyaborake:20190118001418p:plain

 

Vtuberは意識が低い

もこう先生は、動画内でこう語る。「毎日ちゃんと動画投稿してないVtuberは、軒並みゴミ。消滅して良い。」

要するに、もこう先生は「Vtuberをやる人=プロの配信者」だけと考えている。しかし、それは違うと考えます。

動画の投稿ハードルはめちゃくちゃ下がりました。仕事の合間を縫って、動画投稿を趣味としてやる人もいる。そう考えた時に、バーチャルっていうのは自分の顔を出さずに動画投稿できる最高の武器なわけです。

あくまでメインは現実社会でのお仕事。「趣味で動画投稿したい!」「でも、顔出しはきついな~」「あっそうだ、Vtuberやってみよう。ワンちゃん副収入稼げたらいいな~」っていうノリ。こういう配信者として意識の低いVtuberは益々増えてくると思います。動画投稿が本職の方もいるとは思いますが、殆どの人にとっては趣味であり, ワンチャン収益化を狙った副業なんです。

野球を楽しむ人は、何もプロ野球選手だけではない。草野球で仕事とは別で楽しむ。プロ野球選手が「何だ、この意識の低い野球は!」てな感じで、草野球選手にマジレスしないですよね…。動画配信も、バーチャル技術を契機にそうなってます。

関係無いかもしれませんが、近年ブロガーが新しい情報プラットフォームとして動画投稿を利用するケースも増えてるみたいですね。


プロブロガーが解説!ブログがオワコンである5つの理由。

 

Vtuberとして…。

もこう先生は、動画内でこう語る。「黙って会社の方針に従え、それが嫌なら個人で活動しろ」と。私個人の考えで、意見が分かれると思いますが、自分の考えを語るのは良いと思います。

 

今回の記事、文字数多すぎ(笑い)。めっちゃ、早口で言ってそう。ではー。