へちやぼらけのブログ

総PV数30万を達成!主にVtuber・VRの紹介記事などを執筆する。

VTuber大好きライター !
VTuber評論家として、気になったVTuberの魅力を日々記事にしてます。

【もこう先生絶賛】スマホの落ちゲー「ドクターマリオワールド」をレビュー。

ドクターマリオワールド。ばちこり、レビューしますわぁ~

お疲れ様です。
へちやぼらけです。

今回は、もこう先生絶賛のスマホゲーム「ドクターマリオワールド」。こいつを実際にプレーしたのでレビューする。彼曰く「マリカ・マリメよりも最高」とのこと。一体どれほどゲームなのだろうか?


マリカーよりマリメよりストレス無い最高なゲーム見つけてしまった。【実況|ドクターマリオ doctor mario】

同ゲームのリリース日は、2019年7月10日。新しめのゲームだ。ネット上の評価を見ると賛否両論。「遊びやすい」との声もあれば、「(今までのドクターマリオと比べて)別のゲームに感じる」とのこと。

ぁ、もこう先生が満を持して紹介したスマホアプリ「ドクターマリオワールド」。いかほどのモノなのだろうか?とりあえず俺は、アプリをインストールしてプレイしてみた。

◇操作は単純…?

さてさて。このゲーム、基本操作は従来の落ちゲーと変わらない。次々と繰り出されるカプセルを操作し、色を揃えて崩す。これだけだ。

カプセルはスワイプ操作で動かすことができ、カプセルをクリックすることで回転させることもできる。

f:id:hetiyaborake:20190814055826p:plain

また、敗北条件も従来の落ちゲーと変わらない。ブロックが目いっぱいになり、カプセルの発射部分まで迫ってきたら負けだ

◇結論から言おう

単刀直入に、結論を言いますは。実際にプレイしてみて、「とても頭の使う難しいゲーム」だという印象を抱いた。プレイの自由度が高すぎて、従来の落ちゲーよりも数倍も頭を使ってプレイングする必要がある。

f:id:hetiyaborake:20190814054023p:plain

従来のドクターマリオと違うのは、カプセルが落ちきる前に、次のカプセルを場に出せること。自分の欲しいカプセルが出るまで、何回も何回も場にカプセルを切ることができるのだ。

また、カプセルは自由落下のため、場に出た順番など気にせず、好きなカプセルで色を揃えにいくことが可能。逆に言えば、そう言った複雑な状況も頭に入れて、カプセル達をサバいていく必要があるのだ。

f:id:hetiyaborake:20190814063232p:plain

単純なゲーム性に、この仕様が加わるだけで、すっげー複雑なゲームになる。

慣れるまでは、1つのカプセルの操作で手一杯。とても複数のカプセルなんてサバききれない。慣れれば、複数のカプセルを「シュバババー」とサバいて、「ポンポンポン」とウィルスを消去することが可能になるんだと思う…。俺は、そのレベルに達してないからわかんないけど…。

 

f:id:hetiyaborake:20190814063044p:plain

ただ、色を揃えてウィルスを消した時は爽快の一言。心地よい破裂音が耳にヒーリング効果をもたらす。この爽快感、病みつきになりますは。いや本当に。連続で、ウィルス消去できたら相当気持ち良いんだろうな~。

 ◇1度の操作ミスが敗北に

ゲーム性もややシビア。下の画像は、対戦画面である。中央の大きな盤面が自分のプレイ画面だ。これ、一見してみると、盤面スカスカの有利対面に見える。しかし、実はこれ、負け寸前の大ピンチだ。

f:id:hetiyaborake:20190814063705p:plain

敗北条件は「ブロックが目いっぱいになり、カプセルの発射部分まで迫ってきたら負け」と述べたが、たった1つでも発射部分に迫ってきたら負けなのだ

つまり、手前の赤のカプセルと青のウィルスを是が非でも消去しなければならない。相手の攻撃により、お邪魔ブロックを喰らったら、即敗北なのだ。

f:id:hetiyaborake:20190814064222p:plain

そして、よく考えて欲しい。この赤カプセルと青ウィルス。消せる術はあるだろうか?。残念ながら、一部例外を除いて無いのだ。

1度の操作ミス・判断ミスが消し忘れを招き、負けに直結する。可愛らしい絵の割に、かなりシビアなゲームなんだよ

このゲームは、ネット対戦でこそ熱く盛り上がれる。そんなゲームだ。ただ、ネット対戦は、ある程度クエストをこなす必要があるため、面倒に感じる人もいると思う。ただ、そこは我慢して欲しい。我慢の末に、あなたが今まで体験したことの無いスリルと興奮に満ちた頭脳戦がこのゲームにはある。