へちやぼらけのブログ

総PV数10万を達成し着々と知名度を伸ばしつつ、やっぱりまだまだ駆け出しのブロガーのブログ

今は、FREE(自由)ではなくFREE(無料)なライター 。
経済学、統計学や会計など、数学ちっくな学問に興味あり。

気になったことを記事にいたします。
※個人の考えです。あなたはどう考えるか?これはあなただけの大切なもの。
ゲーム音楽が大好きです!

【魔剤生活】新作モンスター「CUBA LIBRE」をレビュー。イキイキ魔剤生活を堪能しよう!

新作モンスター「CUBA LIBRE(キューバリブレ)」でイキイキ魔剤生活!

 

お疲れ様です。
へちやぼらけです。

 

働く社会人のお供。魔剤。今日は、MONSTERエナジーの新作をスピード重視で紹介いたします。

筆者の好みは、「Vtuber」とエナジードリンク。過去にもエナジードリンクを飲み比べたりなんかもしてる。

hetiyaborake.hatenablog.com

twitterのアカウントは、モンスターエナジー

f:id:hetiyaborake:20180427002122p:plain

 

◇新作モンスター

閑話休題。本題に入ろう。

エナジードリンクと言えば、モンスター。そういう認識の方も多いのではないだろうか。日本では一般的に普及してきたモンスター。世界中で多種多様な味の魔剤(MONSTER)がリリースされているが、今回紹介する商品は、日本限定のオリジナルな魔剤。

f:id:hetiyaborake:20180427002444p:plain

キューバリブレ」というカクテルをリスペクトし、ライムを加えたテイスティングを施したモンスター(MONSTER)だそうです。

ミーハーな筆者は、日本限定という言葉に敏感に反応。日本人である特権を行使しなければ。飲みたい!

 

キューバリブレ?

そもそも、キューバリブレって何?な方のために、Wikiの参照を載せておく。

第二次キューバ独立戦争の合言葉として使われた「Viva Cuba Libre(キューバの自由万歳)」にちなんで作られたカクテル。“キューバの自由”(Cuba Libre) の為に乾杯し、「キューバ・リブレ」と雄叫びを上げたのがこのカクテル誕生の由来と言われる。

(wikipedia 参照)

ちなみに、本商品の裏側に、キューバリブレの熱い説明がある。

f:id:hetiyaborake:20180427002646p:plain

「クレイジーは承知の上」。「解放せよ」。こういう中二病的な文言は正直好きだ。やっぱり、モンスターってぶっ飛んでるなw

 

◇買ってきた

ということで、早速近くのセブンで購入。新作モンスターは、手に取った瞬間に違いがわかる。見た目は今までのモンスターを踏襲したデザインだが、質感が違う。新作の質感は、何と言うかザラザラしている。この質感に、筆者は新商品に対する意気込みや決意を感じた。

お値段191円。ポーションを買う感覚で購入できるのはありがたい。

f:id:hetiyaborake:20180426232912p:plain

 

見よ。この神々しさ。カメラのライトにアカリを受けて、何とも美しい姿。

f:id:hetiyaborake:20180427011224j:plain

FF10のロゴに似てて、何故か笑ってしまった。

f:id:hetiyaborake:20180426225247p:plain

 

◇飲んでみた

f:id:hetiyaborake:20180427011253j:plain

さて、いよいよ試飲。飲んでみた感想を記事にまとめたいと思う。

いくぞ!

コーラかよ!

意外にも新商品は薄味。薄味のコーラだなんて、おどろおどろしい見た目からは全く予想できなかった

新商品は、非常に非常に非常に飲みやすい。まるで魔剤とは思えない味に肩透かしを食らった程だ。

f:id:hetiyaborake:20180427004821p:plain

しかし、よく考えてみて欲しい。このMONSTERは危険だ。カフェインが130mgも含有されているとは全く思えない。コーラを飲んでいる時と、同じような勢いでガバガバ飲めるため、気付いたらカフェインの過剰摂取になってしまいそうだ。あなたの自制する力が求められる。

f:id:hetiyaborake:20180427004711p:plain

普通のモンスターは、一缶でお腹いっぱい。しかし、新商品はコーラ感覚で2缶でも3缶でも余裕でいけてしまうステルスカフェイン。とでも称すれば良いのだろうか?

 

可能性を更に探る。

試飲してみて、魔剤として更に高みに登り詰める可能性は十分にあると感じた。以下、箇条書きにはなってしまうが、どうすれば更に高みに登れるか考えてみた。

お酒と割ったら絶対旨い。

味を足して濃い味に。

魔剤ドッキリ

「コーラかと思ったw 実は魔剤でした~」という具合にコーラに見せかけたドッキリを仕掛けることができる。

 

以上。明日も仕事だ。モンスターエナジーで明日もイキイキ魔剤生活。ではっ!

f:id:hetiyaborake:20180427012745p:plain

【ツッコミ不在の二人組】Vtuber「おめがシスターズ」を紹介

ツッコミ不在の二人組。おめがシスターズの作る独特の空気感にハマる理由。

 

お疲れ様です。
へちやぼらけです。

 

Vtuberは可愛いよりも面白いが正義。さて、今回は自由過ぎる世界観・誰も思いつかなかった度肝抜かれる企画で知名度グングン上がっている双子Vtuber「おめがシスターズ(Ω sisters)」の紹介をしよう。

f:id:hetiyaborake:20180425234035p:plain

 「おめがってるー!?」とは、彼女たちの間で使われている動画冒頭の挨拶。この不思議な挨拶は、彼女たちの独特の世界観の構築に一役買っている。

 

◇おめがシスターズ

f:id:hetiyaborake:20180425230902p:plain

二人は双子。左の青髪の子が「おめがレイ」、右のピンク髪の子が「おめがリオ」だ。

デビューは、20818年3 月5日の所謂、後発組のVtuber。

愛称や挨拶は視聴者発で定着していくのが一般的だが、「おめがってるー!?」「おめシス」など冒頭の挨拶から略称まで、既に彼女たちの中で完成されている。

動画を視聴すれば、彼女たちを応援するというよりかは、彼女の日常を垣間見ると言った方が良い。日常とは、完全に隔離された彼女たちの独特の世界。我々が入り込む余地は無い。

f:id:hetiyaborake:20180426002132p:plain

 ちなみに、User localより人気ランキングを確認すると、92位。まだまだ成長途中だ。今後の彼女らの成長に期待する。

f:id:hetiyaborake:20180426004106p:plain

 

◇動画コンセプト

二人組と言えば、ボケとツッコミ。というのが王道的な組み合わせだが、おめがシスターズには、ツッコミが不在。いや、我々がボケと思っているのが彼女らの中では普通と言った方がいいのかもしれない。

f:id:hetiyaborake:20180426005619p:plain

「なんやねんwそれw」とツッコミを入れたくなるような斬新ネタを当たり前のようにやってのける彼女たちの動画にハマる人は、必ずいる。

◇こんな動画

さて、いよいよ具体的に彼女がどんな動画を配信しているのかご紹介しよう。

歌ってみた

f:id:hetiyaborake:20180425230308p:plain

彼女らの特技は歌。意外にも歌がめちゃくちゃ上手い。歌ってみた動画は、「千本桜」「コネクト」「only my railgun」などサブカル系の歌が多く、投稿している動画の結構な割合をしめている。

二人がハモるところなど、綺麗すぎて鳥肌もの。さすが双子と言ったところか。チームワークは抜群だ。

リズムをとる際、4拍子で 縦に首を振るレイちゃん。2拍子で横に首を振るリオちゃんの可愛らしい仕草にも注目。

 

格闘ゲーム

f:id:hetiyaborake:20180425230611p:plain

この発想はなかった。実際にプログラミングして作成したらしく、ソースコードgithubに上がっているので興味があったら確認して欲しい。筆者は、「人は形にして見せてもらうまで、自分は何が欲しいのかわからないものだ」というジョブスの言葉を想起した。Vtuberの格闘ゲーム、発売されたら絶対買うぞ!

 

ひたすら笑ってみた

f:id:hetiyaborake:20180425231233p:plain

シュール度MAX。2分程の動画だが、終始笑い続けている。あまりの訳の分からなさに、思わずつられて笑ってしまう。

 

現実で焼肉を食べる

f:id:hetiyaborake:20180425231605p:plain

彼女らの手にかかれば、やすやすとバーチャルの世界を超克することができる。現実+バーチャル映像のシュールさに、筆者は思わず驚いた。どうやって作ってんだこの動画?先ほどのゲーム制作といいITスキルは中々のもの。

f:id:hetiyaborake:20180425231658p:plain

どんな技術だ?

 

エイプリルフールで合体

f:id:hetiyaborake:20180425233451p:plain

もはや意味が分からない・・・w

 

 

 

今後、どんな斬新な。全く予想することができない。彼女たちのこれからの活躍が気になる。

以上。では。

【理系の心鷲掴み】Vtuber「フェルミ(真空管ドールズ)」を紹介。

”科学”を題材に動画配信するVtuber。「フェルミ」の紹介。

 

お疲れ様です。
へちやぼらけです。

 

科学は興味深い。理系の方々なら納得だろう。さて、今回は”科学”を題材に動画配信し、理系の心をがっちり掴んだVtuber「フェルミという方を紹介しよう。

f:id:hetiyaborake:20180424221541p:plain

彼女がフェルミ。名前の由来は恐らく「フェルミ推定」で有名な、物理学者フェルミさんだろう。

 

真空管ドールズ

 まず、彼女を語る上で、真空管ドールズは外せない。よって、ここではまず真空管ドールズについて紹介する。

ご存知の方もいるかも知れないが、真空管ドールズとはスマホアプリ。ドールと呼ばれる、美少女をスワイプ操作。一対一で相手を倒すという王道系のRPG。同アプリに彼女も出演している。

shinkukandolls.jp

PVを見れば、素晴らしさがよくわかる。ダンガンロンパ風のイカしたキャラ紹介。豪華声優陣を起用した華々しいキャラクター。美少女たちがゲーム内で空中を駆け抜ける爽快感。幻想的で可愛らしい世界観を見ているだけでも楽しい。

f:id:hetiyaborake:20180424222606p:plain

と、褒めちぎってみたものの、当アプリは2018年1月にサービス終了。そう、Vtuberが丁度流行り出した頃に終了してしまったのだ‥。

f:id:hetiyaborake:20180424222834p:plain

しかし、同年4月。同ゲームキャラのフェルミVtuberとしてリリースした。

そう、ゲーム開発陣は、儚い無念をVtuberフェルミに託したのだ。

フェルミ

f:id:hetiyaborake:20180424225137p:plain

ゲームのキャラが、Vtuberとして再デビュー。ロリっぽい見た目に、キャピキャピの萌えボイス。これだけでも、Vtuberとし大成するポテンシャルは十分にある。

白衣に身を包んだ彼女。特技はメカニックらしい。見た目に似合わず、ゴリゴリの理系女子だ。

これは、濃厚な”科学”動画を視聴することができそうだ。

ちなみに、”科学”を中心に扱ったVtuberは初なのではないだろうか?何もかもが新鮮な彼女は、新たなVtuber視聴の開拓に貢献しそう。

 

◇こんな動画

さて、いよいよ具体的に彼女がどんな”科学”系の動画を配信しているのかご紹介しよう。

f:id:hetiyaborake:20180423220425p:plain

 

科学用語紹介

f:id:hetiyaborake:20180424230310p:plain

科学用語の紹介。光合成二酸化炭素などの、中学で習うような基本的な用語が中心だ。今現在、動画の本数が少ないため、用語紹介の豊富さに欠ける。今後はより専門的な用語を紹介することを期待している。

科学を勉強するキッカケになるため、中学生のあなたにオススメしたい。

 

科学系の偉人を紹介

f:id:hetiyaborake:20180424230523p:plain

エジソン、フレミングなどの、有名な偉人を紹介している。 4分程度で、ざっくりと偉人について学ぶことができる。

カタカナに弱いのか、言葉に詰まる場面や言い直す場面も目立つ。しかし、そこは可愛さでカバー。

 

実験器具クイズ

f:id:hetiyaborake:20180424230646p:plain

フラスコ、三角ビーカー、陰にされると意外と区別がつかない…。私事で恐縮だが、筆者も結構忘れていて全問正解することができなかった。

さて、あなたはどうだろうか?彼女の動画で、自分の”科学力”をためしてみよう。

 

人気元素カウントダウン

f:id:hetiyaborake:20180424230410p:plain

 企画として、面白いな~と思ったのが人気元素をカウントダウンした動画。「あの人気音楽番組」をパロッタ作りで元素を元気に紹介。

元素の紹介は意外にも詳しい。

f:id:hetiyaborake:20180424233137p:plain

ニコニコで元素を紹介する動画は、シュールでためになる。

 

 

科学に興味がある人には、是非一度視聴していただきたい。彼女の動画に時に「はぇ~」と感嘆したり、時に「それは違うだろ」とツッコミをいれることができれば、あなたも立派なフェルミの視聴者だ。

f:id:hetiyaborake:20180424225405p:plain

以上。では。

【正直、旨いか?】コーヒー×お茶「TEA COFFEE(ティーコーヒー)」をレビュー

小学生の罰ゲームかよ!カフェラテ×焙じ茶。「TEA COFFEE(ティーコーヒー)」をレビュー。

 

Vtuber評論家。商品レビューをする。

お疲れ様です。へちやぼらけです。普段は、当ブログでバーチャルユーチューバーの紹介をしているものです。

hetiyaborake.hatenablog.com

 

「ああ。今日はどんなVtuberの記事を書こうかな~」とコンビニでブログ執筆のため、臨戦態勢を整えていたのですが衝撃的な商品に遭遇!

あまりの衝撃に「今回は、商品レビューしなければならない」と。急遽、商品レビューの記事を書くことにしました。とんでも無い商品を店頭で見かけてしまったものだ‥。

 

 ◇TEA COFFEE(ティーコーヒー)

WONDAと言えば、コーヒーの大手ブランド。1997年にアサヒ飲料から誕生した。ブルーマウンテン・モーニングショットなどなどを同ブランドから輩出。手塩にかけて育ててきたブランドであることは間違いない。

そんなWONDAから2018年「お茶×コーヒー」という前代未聞の商品が発売された。遊び心満載やな‥。2018年時点のブランド・スローガンは「人生楽しんだモン勝ちだ!」らしいが、これ、社員さん楽しみすぎじゃないですかね?

www.asahiinryo.co.jp

お茶×コーヒーと聞いて、筆者は小学生の罰ゲームを思い出した。あなたも経験ないだろうか?

あり得ない組み合わせで飲み物と飲み物を大胆にブレンド。「まず~」と大盛り上がり。今回の商品もそれに通づるものを感じざるを得ない。

f:id:hetiyaborake:20180422230416p:plain

果たし今回の商品。本当に美味しいのか?
しかし、気にすればするほど試飲してみたくなるな。

 

◇売り切れ続出?

ここまで酷評気味に記事を書いてきてたが、本商品は売り切れ続出。筆者が商品を購入した際も、かなりの品薄状態でした。買えたのがラッキー。

f:id:hetiyaborake:20180422221945p:plain

f:id:hetiyaborake:20180422223814p:plain

 売り切れるということ。即ち「美味しい」ということなのだろうか?

 

CMにも力を入れていることでも、話題。超大御所のビートたけしさんをはじめ、神木君、川栄さん。見た目がとっても栄えるCMに、ネット上ではそこそこ話題になっていたそうです。私は、普段テレビを見ないため今の今まで知りませんでした。リサーチ不足です申し訳ありませんでした。

f:id:hetiyaborake:20180422221907p:plain

 

ちなみに、買ってきたので写真を添付。
外見はこんな感じだ。

f:id:hetiyaborake:20180423010120j:plain

お値段160円。ちょっとお値段はかさむが、「これも新感覚の味を楽しむため」と思えば高すぎる買い物で決してない。

 

◇開封してみた。

自宅に着き、早速開封。コーヒーらしく、まずは優雅に匂いから楽しんでみましょう。

甘~~い!

f:id:hetiyaborake:20180423003749p:plain

(ちょっとネタとして古すぎますかねw。伝わらなかった方、申し訳ない。)

お茶感は一切なく、コーヒー、カフェオレの類の匂いがする。甘い香りも強烈だが、コーヒー独特の深みある匂いもある。鈍重な香りが鼻腔を駆け抜けてきます。

 

◇飲んでみた。

ミーハー、新しいモノ好き。試したがり, 飲みたがりの筆者。早速試飲してみます。甘味と深みの濃厚な香りに酔いしれつつもまずは、一杯。

うん、やっぱり甘い。

正直、始めの一杯はお茶感はまるで無いです。味は、カフェオレやココアに近い感じ。甘くて非常に飲みやすい。子供でも充分満足できる味なんじゃないかな?コーヒーが苦手という方にもオススメ。

f:id:hetiyaborake:20180423005414p:plain

 

お茶感を味わえるのは、飲んだ後。カフェオレの甘い香りにピタッとストップをかけるように、後からほんのりお茶の味が。

すっごいスッキリ!

なるほど。お茶は後味をスッキリさせるためブレンドしたのか。ここにきて、始めてWONDAの意図を理解。かなりリッチな気分を味わえます。

お茶の苦みが良いアクセントとなっていますね。 

f:id:hetiyaborake:20180423005600p:plain

 

 

コーヒー×お茶。合わないだろと思いきや、これが意外に合う。コーヒーを長年研究し続けたWONDAだから作れる味でした。

以上。では~。

【第二の輝夜月?】Vtuber田中ヒメ&輝夜月で電子ドラッグ漬けの日々を送ろう!

元気と笑いでごり押し。田中ヒメについて語ろう。

 

お疲れ様です。
へちやぼらけです。

 

バーチャルユーチューバー。生まれすぎだよな・・。完全なるVtuberブームの到来だ。そんな私は、Vtuberの記事を書きに書きまくっているが、今宵もVtuber評論家として、とあるVtuberを紹介しよう。

テンション高めの女子中学みたいな明るさと、「ガハハ」と品の無い笑い声のぶっ飛んだ個性の持ち主。一度目にしたら二度と忘れられない強烈なキャラクターで、メキメキとファンを増やしている。

◇田中ヒメ

f:id:hetiyaborake:20180421233515p:plain

田中ヒメ。全くバーチャルユーチューバーっぽく無い名前にまずは驚き。この名前で、中国人キャラなのだから、もうわけがわからない。(日本のどこかに同姓同名の人絶対いる。)

f:id:hetiyaborake:20180421234653p:plain

彼女のチャンネルでは、ゲーム実況、アプリ紹介、雑談や物真似など、もう手広くやっている。彼女のフットワークの軽さチャレンジ精神には素直に関心。元気で活力溢れる、彼女こそがなせる業だ。

動画内の彼女は、終始ハイテンション。そして笑い上戸。例えるならクラスに一人はいる”明朗快活な女子高生”。視聴するだけで無条件に元気を貰えるぞ。

舌っ足らずのダミ声で、ちょいちょい「おバカ」要素を含んでいるのもVtuberとして中毒性が高い。飲むストロングゼロだ。

f:id:hetiyaborake:20180421235314p:plain

舌っ足らず。だみ声。明るい。笑いのゴリ押し。

ってあれ、こんなようなバーチャルユーチューバーを以前紹介したような。

hetiyaborake.hatenablog.com

気付いた方もいるだろう。そう、視聴すればするほど、輝夜っぽい。「第二の首絞めハム太郎」「第二の飲むストロングゼロ」「第二の電子ドラッグ」の称号はあなたのものだ。

この件について、実は本人もクッソ意識してるようだ。雰囲気・企画・文字のフォントなどなど、ちょいちょい大物先輩Vtuber輝夜月を意識した作りになっている。

f:id:hetiyaborake:20180421231110p:plain

輝夜月が彼女の動画をみたら‥。f:id:hetiyaborake:20180422013312p:plain

と、ツッコミがとんできそうだ。

大物の先輩に勇猛果敢に立ち向かう彼女に拍手を送ろう。

 

◇彼女の魅力

この節では、彼女の魅力をお伝えしようと思う。だが、声・キャラ・企画、挙句の果てには文字フォントまで輝夜月にそっくり。当然、魅力も輝夜月とほぼ同じものになる。輝夜月の記事からの引用が大部分だが、お許しいただきたい。

 

おバカな丸出しのしゃべり方

f:id:hetiyaborake:20180422015807p:plain

あったま悪そうな感じがたまらない。その恵まれた容姿から放たれる、舌っ足らずのしゃべり方。しかし、この感じがたまらない。中毒になる。癖になる。あなたの学校にも、話の間, アクセントが独特で話を聞いてるだけで何か面白い。そんな天性の話術を持った人いますよね?それです。是非あなたの目で確かめて欲しい。

 

疲れが吹き飛ぶハイテンション

f:id:hetiyaborake:20180422015957p:plain

テンションが高い。それもまた彼女の魅力の一つです。動画は、終始彼女のマシンガントークなのですが、しゃべってる本人が一番楽しそうなんです。「もう、ようわからんけど、笑てまう。」彼女のハイテンションに引っ張られて、辛い気持ちや、深刻な悩みもアホらしくなっていきますよ。もう、聞くアルコールです。

 

第二の輝夜

輝夜月の唯一の弱点。動画頻度の遅さ。その弱点を補うのに、彼女は最適だ。輝夜月の新着動画がアップされるまで、田中ヒメの新着動画を視聴し続ければ、途切れることなく「聞くストロングゼロ」を摂取することが可能。田中ヒメ&輝夜月の動画を視聴することで、年中無休で電子ドラッグ漬けの生活が可能に!!

 

輝夜月との差別化をどう図るか。これが今後の彼女の課題であることには間違いない。雄郡割拠のVtuber戦国時代、生き残りをかけた戦いに、どう立ち回っていくのか?今後の彼女の動向に注目だ。

 

以上。では~。

 

【日本人専用】ペプシJコーラを飲めるという日本人の特権を行使しろ!

ペプシJコーラを飲めるという日本人の特権を、行使しろ!

 

お疲れ様です。
コーラ大好きへちやぼらけです。

 

ペプシと言えば、コーラの王道。コカ・コーラと並ぶ有名商品の一つ。

筆者は昔、こんな企画に挑戦しました。コーラを「超真面目」に飲み比べという記事で、有名なコーラの味を比較し一番を決めました。

hetiyaborake.hatenablog.com

ドクターペッパー。てめーは別物だ。

f:id:hetiyaborake:20180420233648p:plain

 

2018年4月17日。ペプシから新商品がリリース。ということで、今回、新商品ペプシJコーラ」の商品について執筆してみようと思う。

ペプシコーラ

私の中でペプシコーラと言えば、ペプシマンのイメージが強い。私が子供の頃、ペプシマンは謎の人気を誇っていた。あの銀と青の体。目が無く、顔には口しかない強烈なインパクトが当時衝撃。10年以上経った今も尚、忘れることができない。

f:id:hetiyaborake:20180420233008p:plain

ゲーム化までされている。ここまで出世したキャラも珍しい。

f:id:hetiyaborake:20180420233110p:plain

ちなみに、FF9のラスボスとは一切関係が無いから注意だ。

f:id:hetiyaborake:20180420234516p:plain

ペプシJコーラ

さて、そんなペプシコーラから、新商品が登場。なんと日本人向けに開発された商品なんだとか。その名もペプシJコーラ。ペプシJコーラのJは「Japan」のJ。日本人向けのコーラって何だ?

とツッコミたくなるが、それは実際に飲んでみればわかるのだろう。

 

<CMが凄い>

f:id:hetiyaborake:20180420235422p:plain

ペプシJコーラ、CMが何か凄い。100人以上の青旗を持った日本人が、一同に踊り狂う様は圧巻。「怪物舞踏会」の迫力ある演出で、ペプシJコーラ」の世界観を表現しているんだとか。

www.suntory.co.jpここまで、お祭り感溢れる演出でCM打たれたら、そりゃー興味持ちますわな。

 

<日本人が主役>

日本人向けに作られた商品と述べたが、商品の成分を記載する欄にわざわざ注意書きを入れるほど。

「※日本のコーラーユーザーの為に作られたコーラです。」という、今までにない注意書きに筆者も驚き。力の入れようが見てわかる。

f:id:hetiyaborake:20180420235142p:plain

突然、VIP待遇を受けた日本人。これは、全力で味わうしかないな‥。

買ってきた!

ということで、近くのセブンで早速購入。

f:id:hetiyaborake:20180421023519j:plain

浮世絵をイメージした。力強い波の絵。スペシャリティーを感じる。ペットボトルも、他と比べて一回り大きい。というか太い。一本で大満足の600ml。お値段129円。この量でこの値段はお買い得だろう。

飲んでみた!

 さて、試飲してみた。
以下がその試飲してみての感想だ。

 

一言で:あっさり!

味  :コーラ+ドクペ

後味 :ほぼ無し。

甘さ :まぁまぁ甘い

炭酸 :始めはキツメ。後から消える様だ

飲み心地:スカッと爽快感

 

ドクターペッパー寄りの、薬っぽいずっしりした甘味がある。後味は無い。洗練されたドクターペッパーと言えばいいだろうか。薬っぽさに磨きがかかっています。甘ったるい感じは一切なく、爽快感は強い。ゴクゴク飲めるため飲み過ぎには注意が必要だ。

 

 

以上、では~。

【青春カムバック】新人Vtuber「珠根うた」で失われた青春を取り戻せ!

 新人Vtuber「珠根うた(たまねうた)」で失われた青春を取り戻せ!

 

お疲れ様です。
へちやぼらけです。

 

Vtuber速報です。恐らく、最速で”とあるVtuber”の記事を執筆いたします。どれくらい最速か?今回紹介するVtuberの活動履歴を以下に記載しよう。

<活動履歴>
4月16日:twitter開設
4月17日:初投稿
4月18日:二回目の動画←今ココ

こんな感じ。こんなにも生まれたてのVtuberを紹介するのは、筆者にとって初めての経験。妄想を膨みに膨らませ執筆していこうと思う。

◇珠根うた(たまねうた)

そのVtuberの名は「珠根うた」。俺は彼女を一目見た瞬間に電撃が走った。

めっちゃ可愛い!

顔の作りは、かなりきめ細やか。髪の光沢・サラサラ感なども、現実の女性をかなり忠実に再現している。手間暇かけて作られたことが一目でわかる。

f:id:hetiyaborake:20180419004232p:plain

彼女の動画を見てみよう。背景を見ると、そこは彼女の部屋の中。輝夜月、ミライアカリなどの仮想空間溢れる雰囲気とは違い、かなりの現実路線

まるで彼女の日常に入り込んだかのような錯覚に陥ってしまう。お母さんに呼ばれたと理由で放送を一時中断する場面も。どこまで現実路線を追求してるんだ・・・。

f:id:hetiyaborake:20180419012118p:plain

生放送での視聴者との距離は極めて近く。視聴するというよりかは、会話していると表現した方が良いのかも知れない。

 

ギャルゲーかよ!

と思わずツッコミたくなるぜ。

 

声はキャピキャピした雰囲気ではなく、おっとり系ナチュラル美少女感MAXの彼女に癒されることこの上なし。

声優で例えるならば、茅野愛衣さん。

f:id:hetiyaborake:20180419005230p:plain

ふわふわした彼女の声を聴いていると、癒されすぎて、思わず眠気が・・・。子守歌ようなウィスパーボイスでそのまま寝落ちできるならそれもまた良し。

 

◇純粋-枠

変人だらけのバーチャルユーチューバー。彼女は、Vtuberでは希少種的な「純粋キャラ」に位置付けされる。系統は「ときのそら」の近い。今後、貴重な純粋枠として、飛躍してくれることを大いに期待する。

f:id:hetiyaborake:20180419005952p:plain

「ときのそら」並みの純粋さに思わず、「止まるんじゃねぇーぞ」とコメントしたくなる。

 

◇視聴ではなく会話

生放送中、視聴者との距離はかなり近い

生放送では、「あだ名はどうしよう?」「生放送の名前はどうしよう?」「ハッシュタグは何にしよう?」などなど彼女からの質問攻め

そして、ひっきり無し流れる”提案”を丁寧に拾い上げ真面目に検討していく彼女。視聴者が一体になって、”珠根うた”プロデュースする流れが完全に出来上がっている。

f:id:hetiyaborake:20180419013858p:plain

結婚したての奥さん並みに、色々決めて欲しがるから気を付けろ!

「視聴」するという表現よりも、「会話」すると表現した方がしっくりくる。

 

今後の彼女の活躍に期待。

以上!最速Vtuber紹介記事でした。ではっ!