へちやぼらけのブログ

総PV数30万を達成!主にVtuber・VRの紹介記事などを執筆する。

VTuber大好きライター !
VTuber評論家として、気になったVTuberの魅力を日々記事にしてます。

【大炎上!】何故、Vtuberの声優交代でファンが切れるのか?解説したるは!

Vtuberの声優交代でファンが”ブチ切れる心理”とは?

お疲れさん。
Vtuber界隈の老害「へちやぼらけ」です。

そういえば、夏のコミケにふらっと参加しました。暑すぎて、速攻帰宅しましたが…。ゲーム部人気でしたね。ゲーム部のキャラが描かれた大きな袋をあちこちで目にしました。ゲーム部の人気おそるべし。

f:id:hetiyaborake:20190817185701p:plain

回は、相次ぐVtuber界隈の声優交代騒動について語っていこうかな。。最近、多いよなVtuber界隈の声優交代。ゲーム部しかり、キズナアイしかり…。キズナアイに関しては、交代と言うよりは、分業・分裂って感じですが。

◇演者が辞める理由

まず、単刀直入にVtuberの”中の人”が声優を引退する理由を言うは。

Vtuberの”中の人”が引退する理由は、単純に言って「この界隈に将来を託せないから」。これに尽きるだろう。今の仕事を止めて、新しい仕事に挑戦したくなったんです。

社会人の俺から言わせれば「転職」と同じだ。Vtuberがオワコンと言われ、これ以上盛り上がりが期待できないって中で、”中の人”が将来不安を感じてるんですよ。俺の人生、本当にVtuber界隈に託していいのか?ってね。

勿論、ファンの気持ちもわかる。しかし、”中の人”の心理も理解しなければならないと思う。Vtuberって”中の人”の顔でないじゃん?3Dモデル使って知名度メキメキ上げても、そのコンテンツが終了したら、手元に何も残らないんですよ!コンテンツが終わったら、”中の人”も終わっちゃうってことや!

◇ファンが切れる理由

そして、ファンが”中の人”の引退に切れる理由は、「裏切られたから」。

Vtuber界隈を少しでも盛り上げよう。好きなVtuberを支えようと一生懸命応援してたのに、メインの演者が”そそくさ”と逃げたから。これに失望して切れてるんだよ。

ファンもバカじゃないから、あの3Dモデルに”中の人”がいて、声当ててるって知ってんのよ。あの3Dモデルを好きなるのと、同じ様に中の人にも好意を抱いているんだよ。そこらへんの認識ができないな~と思うは。

◇綺麗に引退するには?

ファンが切れず、”中の人”が引退するにはどうすれば良いんだろうな?

やっぱり、引退する際は、”中の人”がしっかり出てきて謝るべきだと思うよ。シレっと変わると、違和感マックスだし、裏切られた感ハンパ無いもん。しっかり、誠心誠意謝罪して、”中の人”が辞める時は、そのキャラも二度と動画に出てこない。これでええやん。そんで、変わりのモデル作って、引継ぎしたらええよ。

 これだけで、ファンの印象も大分変ると思うよ。

 ◇最後に

最近のVtuber界隈面白い日本史と同じよ。コンテンツは「黎明期」と「衰退期」が一番面白い。これから、Vtuber界隈がどう衰退していくのか?はたまた、勢いを取り戻すのか?新しいコンテンツが登場するのか?遠くで観察するには、充分に楽しい娯楽だ。

【激寒現代風刺劇場】YouTuber「地獄に落ちてみた」

YouTuber「地獄に落ちてみた」

々あるところに、YouTuberがいました。が、死んでしまいました。30代前半の男性でした。彼は、チャンネル登録者300万人の大物YouTuberでしたが、死んでしまいました。交通事故のようです。

彼が目を覚ますと、そこは三途の川。スマホもカメラも持っておらず、何もすることが無いので、三途の川をとりあえず渡りました。

渡りきった後も景色は特に変わりません。何も持ってない。本当に何も持っていない彼は、キョロキョロと周りを気にしながら、情けなく辺りを浮浪していました。

そこへ突然、悪魔の使いが現れました。背丈の程80cm、手には大きなフォークを持っています。悪魔の使いが彼に話かけます。「あ、いたいた!。早速で残念だけど、君の行く場所は決まってるよ。地獄だよ。君は社会の為に何の貢献せず、呑気に暮らしていたね。”怠慢”の罰を背負って地獄に落ちるのさ!」「一応の手続き上、閻魔大王のところに行って、君の現世で犯した”怠惰”の罪を報告することになってるから、閻魔大王のところにいこうか(提案)‥。」

彼は、特に何も言い返さず、下を向いたまま黙って悪魔の使いに従います。

テンションの低い彼とは真逆に、悪魔の使いは彼に興味深々。テンション上がりまくりです。悪魔の使いは、からかう様な軽い笑いを向けて質問します。一緒に歩き始めてから、3分ぐらいたった後です。

「実は、生きていた頃の君の活動を見ていたんだよ。どうも君は不思議な人間だね。人間世界では、君みたいな”怠惰”な人間は、お金も得ることができず、ニート・ホームレスとして生きるんじゃないのかい??」「どうやって、お金を稼いでいたんだい??」

悪魔の使いの小馬鹿にした笑みに不快感を覚えつつも、彼は口を開いた。死んでから随分と時間が経っていたため、痰がからまる。彼は、その痰を”ギュ”と飲み込み、一言「YouTuberという配信活動で生計を立てていました…。」

「ゆーちゅーばー?、何なんだいそれは??www」。悪魔の使いは食い入る様に彼の話を聞きます。彼に興味深々です。「え?だって、君は朝早く起きることもせず、出社もせず、昼頃に起きては、カメラの前でご飯を食べたり、テレビゲームを楽しそうにやっていたじゃないか? 僕からしたら、今地獄で”怠慢”の罪を償っている奴らと何も変わらないのさ。」

悪魔の使いは、更にしゃべります。「寝て起きては、食べて、出して、ゲームして、遊んで、その繰り返し。排泄物しか生み出せない、ただの怠け者じゃないのか?」「その”ゆーちゅーばー”ってやつで、どうやって生計を立てると言うんだい??」「そんな、しょうも無い活動がお金になるっていうのかい??」

悪魔の使いさんは、人が不快に思うことをチクチクと容赦なく突きつけてきます。質問される人の気持ちが考えられないのでしょうか?地獄にいる人達とは、こういう奴らの集まりなのでしょうか…?彼は、心の中でそう思った。

「はい、そうです。」彼は、情けなく小さな声で返答する。「ご飯を食べたり、ゲームしたり、その様子を動画にして、投稿するとお金になるんです。。。YouTubeという動画サイトがありまして、そこに動画を投稿するんです。その動画を色んな人に見てもらうことで、お金になるんです。。。投稿する動画には、広告っていうのが…。」

「はぇ~、たまげたなー。訳が分からないよ。そんなのがお金になるなら、随分人生楽しかったでしょうね~。君みたいな人間は初めてだよ。」悪魔は、彼の長ったらしい説明に飽きたのか、話を遮るように言いました。そして、彼が言う「はい、最近できた職業ですから…。」

「職業!!!wwww」悪魔の使いは、全身を跳ね上がらせ笑った。

「人間の世界では職業として認められつつあるんです…。」

「はー・・・。地獄の世界では、こんなケース始めてだからねぇー。中々、受け入れ難いねぇ~。」

・・・・。

・・・。

・。

彼から聞きたいことを聞き終わったようで、悪魔の使いは、それ以降だんまりです。今までのウキウキしたテンションは何処へやら。脅威の切り替えです。

・・。

・。

さて、歩き疲れた彼が勇気を振り絞って口火を切りました。「あの、いつまで歩けば良いのでしょうか?」

悪魔の使いは、無反応です。無視です。興味の無いことしか、反応しないようですね。地獄にいるような奴は冷たい人ばっか。彼は、そう思いました。

 ・・・。

・・。

・・。

・。

途中、「金銭欲」「虚栄心」「傲慢」と書かれた烙印を背中に押された人々を見ました。最近の地獄は、西洋の文化を取り入れるのがトレンドのようです。

人々は、へし合い押し合い、罵りしながらも、目の前の大きな歯車を”せっせと”回しています。何を作っているのでしょうか?彼には皆目見当がつきません。また、この人達が何を言っているのか、全く理解できません。

彼は、通り過ぎる人達を目で追いながら更にその下へ。よくわからないですが、更に下層へと下層へと向かっていきます。 

はい!ということで!歩き疲れて10時間っっ!!大きな門に到着しました~~!!いえーーーーーい!!!ふぉぉっぉぉっっーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

開きます。門を開くと、大きな人間の様な何かが見えました。

閻魔大王!」。悪魔の使いは閻魔大王を見るなり猛ダッシュ。満面の笑みで近寄ります。彼を押しのけ猛ダッシュです。

悪魔の使いに押しのけられた彼は、すってんころりん。地面に倒れます。

ここは地獄の最下層。その地に倒れ込む彼は、文字通り最底辺の人間になってしまいました。

 

ネタに困ったので、幼稚園生向けの児童書、書いたは。

【もこう先生絶賛】スマホの落ちゲー「ドクターマリオワールド」をレビュー。

ドクターマリオワールド。ばちこり、レビューしますわぁ~

お疲れ様です。
へちやぼらけです。

今回は、もこう先生絶賛のスマホゲーム「ドクターマリオワールド」。こいつを実際にプレーしたのでレビューする。彼曰く「マリカ・マリメよりも最高」とのこと。一体どれほどゲームなのだろうか?


マリカーよりマリメよりストレス無い最高なゲーム見つけてしまった。【実況|ドクターマリオ doctor mario】

同ゲームのリリース日は、2019年7月10日。新しめのゲームだ。ネット上の評価を見ると賛否両論。「遊びやすい」との声もあれば、「(今までのドクターマリオと比べて)別のゲームに感じる」とのこと。

ぁ、もこう先生が満を持して紹介したスマホアプリ「ドクターマリオワールド」。いかほどのモノなのだろうか?とりあえず俺は、アプリをインストールしてプレイしてみた。

◇操作は単純…?

さてさて。このゲーム、基本操作は従来の落ちゲーと変わらない。次々と繰り出されるカプセルを操作し、色を揃えて崩す。これだけだ。

カプセルはスワイプ操作で動かすことができ、カプセルをクリックすることで回転させることもできる。

f:id:hetiyaborake:20190814055826p:plain

また、敗北条件も従来の落ちゲーと変わらない。ブロックが目いっぱいになり、カプセルの発射部分まで迫ってきたら負けだ

◇結論から言おう

単刀直入に、結論を言いますは。実際にプレイしてみて、「とても頭の使う難しいゲーム」だという印象を抱いた。プレイの自由度が高すぎて、従来の落ちゲーよりも数倍も頭を使ってプレイングする必要がある。

f:id:hetiyaborake:20190814054023p:plain

従来のドクターマリオと違うのは、カプセルが落ちきる前に、次のカプセルを場に出せること。自分の欲しいカプセルが出るまで、何回も何回も場にカプセルを切ることができるのだ。

また、カプセルは自由落下のため、場に出た順番など気にせず、好きなカプセルで色を揃えにいくことが可能。逆に言えば、そう言った複雑な状況も頭に入れて、カプセル達をサバいていく必要があるのだ。

f:id:hetiyaborake:20190814063232p:plain

単純なゲーム性に、この仕様が加わるだけで、すっげー複雑なゲームになる。

慣れるまでは、1つのカプセルの操作で手一杯。とても複数のカプセルなんてサバききれない。慣れれば、複数のカプセルを「シュバババー」とサバいて、「ポンポンポン」とウィルスを消去することが可能になるんだと思う…。俺は、そのレベルに達してないからわかんないけど…。

 

f:id:hetiyaborake:20190814063044p:plain

ただ、色を揃えてウィルスを消した時は爽快の一言。心地よい破裂音が耳にヒーリング効果をもたらす。この爽快感、病みつきになりますは。いや本当に。連続で、ウィルス消去できたら相当気持ち良いんだろうな~。

 ◇1度の操作ミスが敗北に

ゲーム性もややシビア。下の画像は、対戦画面である。中央の大きな盤面が自分のプレイ画面だ。これ、一見してみると、盤面スカスカの有利対面に見える。しかし、実はこれ、負け寸前の大ピンチだ。

f:id:hetiyaborake:20190814063705p:plain

敗北条件は「ブロックが目いっぱいになり、カプセルの発射部分まで迫ってきたら負け」と述べたが、たった1つでも発射部分に迫ってきたら負けなのだ

つまり、手前の赤のカプセルと青のウィルスを是が非でも消去しなければならない。相手の攻撃により、お邪魔ブロックを喰らったら、即敗北なのだ。

f:id:hetiyaborake:20190814064222p:plain

そして、よく考えて欲しい。この赤カプセルと青ウィルス。消せる術はあるだろうか?。残念ながら、一部例外を除いて無いのだ。

1度の操作ミス・判断ミスが消し忘れを招き、負けに直結する。可愛らしい絵の割に、かなりシビアなゲームなんだよ

このゲームは、ネット対戦でこそ熱く盛り上がれる。そんなゲームだ。ただ、ネット対戦は、ある程度クエストをこなす必要があるため、面倒に感じる人もいると思う。ただ、そこは我慢して欲しい。我慢の末に、あなたが今まで体験したことの無いスリルと興奮に満ちた頭脳戦がこのゲームにはある。

【飽きた・つまんね】今のYouTube、クッソつまんなくね?? その理由は3つある。

金稼ぎに走るYouTuber。企画もマンネリ。雑な編集。NHKの方が面白いぞ!

お疲れさん。
へちやぼらけです。

最近、思うんだけど「最近のYouTube」つまんなくね??。単純に飽きたのかな…。今のYouTubeがひたすらにつまんねーだよ

何だろうな…。今のYouTube界隈を例えるなら「ラスボス倒して、イベントも全部消化した後のRPG」。何の変化やイベントもクエストも無い・刺激も無い・平和なマンネリ世界。これが今のYouTubeだと思う。

f:id:hetiyaborake:20190811223823p:plain

何故つまらないのか?理由を考えたんだが、3つあると思う。以下、俺の考えを述べる。

①みんな金儲けしか考えてない!

今のYouTuber、金儲けしか考えてない!

案件受注してるのか?数字目当ての便乗なのか?似たような企画をYouTuber達が、一斉に始めるでしょ?これイランねん。便乗すんなや。視聴者は、2回も似たような企画見たないねん。皆、一斉に同じカードを開封し始めたり、同じ食品食べ始めたり、同じゲーム始めたり…。動画制作で飯食ってんなら楽しようとすな!

YouTuber達が一斉に群がり同じゲームを実況。YouTubeを開けば、同じゲームのサムネがズラッとオススメに並ぶんですよ!ゲーム会社の動画サイトかっての…。

創作しろ!創作!「YouTube CREATOR」なんだろ!。YouTuberは、ちゃんとした職業なんだろ!。視聴者をアッと言わせるような斬新な動画をクリエイトしてくれよ!

パターン化・マンネリ化。動画の編集・構成も似たり寄ったり、変化も無し。流石に飽きましたは。

 いでに言うと、みんな無理やり動画時間を10分以上にしがち中身無い動画を10分に無理やり引き延ばしても、面白くないんですよ。CMが途中で入ってテンポ、クッソ悪いし。最後まで視聴できんは。

②YouTuber多すぎ!

YouTuber多すぎ。多すぎて、新しいことに挑戦しようとしてる人が有象無象に埋もれてしまっていないかい?いや、そもそもそんな人がいるのかも分からない。それが現状だろう。そして、これがマンネリ化の原因だと考える。

数多くのYouTuberが生まれては、他と同じ様な企画をやる。そんな動画で溢れまくってる。自分好みの動画が、模倣されたステレオタイプの動画に埋もれてしまってるんだよ。「えっ!こんな面白いYouTuberが出てきたんだ!」そんな刺激も受けること無くなったぜ。

れは、画面右横(スマホだったら、画面下)に出てくるYouTubeの「オススメ動画表示」にも問題があるのでは?と思ってしまう。

「オススメ動画表示」に出てくるのは、前回視聴したYouTuberの動画ばかり。GoogleのAI(もとい、推薦システム)全然機能してないやん。同じYouTuberの動画をオススメに出すだけだったら、AIも機会学習もいらないんだよ!

の例で言えば、YouTuber「もこう」。彼の動画見ても、オススメの動画が「もこう」の動画ばっかじゃん。しかも視聴済みの…。もこうの動画は好きだから、推薦しなくても勝手に視聴するは!んで、もこうの動画ばっか見てたら流石に飽きるんだよ(笑)。

俺の視聴したこと無い、でも俺だったら絶対ハマる「とっておきの選りすぐりの動画」、オススメに出してくれませんかね?

f:id:hetiyaborake:20190812010153p:plain
ここら辺、Netflixをマジで見習って欲しい。Netflixは、次から次へと俺の興味をそそる映画を推薦してくれるから飽きない。「君の名は」を見てもNetflixは「オススメ映画」に新海誠の映画以外も推薦してくれるんだよ。

③過激な動画が減った。

テレビが出来ない過激な動画、減りましたよね。こういう動画↓ YouTuber”ヒカル”って人の動画だよ。的屋に切り込んで、当たりが出るまでクジ買い続けるって動画。

f:id:hetiyaborake:20190812012744p:plain

こういうテレビが出来ない様な切り込んだ動画こそ、意味があるし面白いんだよ。視聴者の心が熱くなるんだよ。

無理やりテンション上げてお送りする「ゲーム実況」。在り来たりな「コラボ動画」。「ドッキリ」。何の深み・含蓄も無い「雑談」「物申す動画」。これだけだと、さすがに飽きるぜ。

ただ、これに関してはYouTuberに同情する部分もある。昨今、YouTubeの規約が厳しくなり、アカウントがある日突然BAN(凍結)されるんだよな…。そんな環境だったら、もう切り込んだ企画何てできないか…。

そうなると、だったらテレビの方が面白くね?こうなる。視聴は、そろそろ気付き始めてる。テレビでやってる警察24時とかの方が、よっぽどスリリングで視聴してて面白いは。ダーウィンが来たの方が、よっぽど為になるし、視聴しがいがあるは!

結局、テレビの方が「映像作りの才能」「製作費」でYouTubeを圧倒的に上回ってる。最近、テレビを視聴し直すことにしたんですが、面白いんですよね。(少なくとも、今のYouTubeよりは…)

取材するにしても、何日もかけて綿密に取材してるし、映像の作り込みがまるで違う。お笑い芸人の笑いを作るセンスは、他のYouTuberを圧倒してるし、コメンテーターの評論は、視聴していて目から鱗だ。

 

◇最後に

さて、この記事を読んでわかる通り、「俺はYouTubeがめっちゃ好きだ」「テレビっこならぬ」「YouTuberっこ」である。このYouTube愛に溢れまくった俺の記事が、よりよくなるキッカケになればと思う。以上だ。

 

<参考文献(機械学習、知ってる人向け)>

【スマホで呼び出し】わざわざ、駅前に行って「タクシー」探してるアホいるか??

今すぐタクシーを呼びたい=JapanTaxiを使おう!

へちやぼらけです。

タイトルの通りだ。タクシー呼ぶ時に、わざわざ駅前に行って「タクシー」探してる人います?はっきり言って、非効率です。探す時間が無駄!待ってる時間が無駄!

こんなスマホの発達した令和時代に、昭和的なアプローチでタクシーを探すのは止めましょう

f:id:hetiyaborake:20190810221302p:plain

◇JapanTaxi(神アプリ)

いうことで、スマホから簡単にタクシーを呼び出せるアプリの紹介だ。JapanTaxiと呼ばれるスマホアプリ。Google Playベストアプリ2018を受賞した、タクシー業界に革命を起こしてるアプリなのだ。

これ、めっちゃ便利ですよ。同アプリが神たる所以、3つあります。以下述べます。

①マップ操作で簡単、配車

配車の方法が神がかってます。革命的です。『アプリを開いてマップで出発点と終着点を指定するだけ』。配車確定のボタンを押せば、指定した場所にタクシーが着ます。しかも、GPSとも連動しているので、スマホGPS機能をONにしておけば、出発点が自動で今居る場所に設定されます。終着点だけ決めれば良いのか…。

f:id:hetiyaborake:20190810220823p:plain

更に、リアルタイムでタクシーの居場所を確認することもできるぞ

f:id:hetiyaborake:20190810220719p:plain

は、運転手さんに仕組みを聞いてみた。スマホで配車確定のボタン押下後、指定した出発点に一番近いタクシーへとオーダーが飛ぶらしい。運転手は、それを確認して君のもとへ駆けつけてくれるらしい。素晴らしい。そして、効率的だ。

f:id:hetiyaborake:20190810213125p:plain

 また、終着点も伝えているため、乗車時にわざわざ場所を口頭で伝える必要も無いのだ。このアプリの存在を知って、駅前のタクシーの待ち行列に並ぶ過去の自分がバカに思えてきました。

 ②クレジットカード決済対応!

クレジットカード決済にも対応しており、乗車時に手こずることもありません。「クレカ決済で!」と一言添えて、降りればOKです。乗車賃は、後日に自動引き落とし。快適感ハンパ無いは!

しかも、配車時に「乗車賃の見積もり」「乗車時間の見積もり」をすることも可能。至れり尽くせりやで…。

f:id:hetiyaborake:20190810221056p:plain

③日本全国どこでも!

JapanTaxiは、日本47都道府県対応。どこでも利用すること可能だ。この可用性の高さよ!旅先の移動にピッタリ。

◇注意点もあるよ!

メリットだらけのアプリだが、注意点もある。先ほど47都道府県対応と言った。確かにそうだ。しかし、タクシー自体は有限だ。

田舎によっては、配車できるタクシーが存在しないケースもあるので注意。

また、混雑時(例えば、大きなイベントがあってタクシー自体がカツカツの場合)、発で配車が確定できないこともある。混雑時の電話回線の様に、何度も何度も配車をトライする必要がある。ということだ。

とはいえ、都会にお住まいの方・ふらっとタクシーを使いたいと思ったあなた!1度やってみる価値は十分にある

実用に向けて、より詳細な情報を見たい!と思った方、JapanTaxiのYouTubeチャンネルを確認してみよう。

【”もこう”の歌で落涙】アラサーこそ聴くべき「もこうの歌ってみた動画」

アラサー必聴。お前(もこう)の歌声に泣かされるとは思わなかったぜ。

お疲れ様です。
「もこう」評論家のへちやぼらけです。

今回は、大物YouTuber「もこう」の動画。その中でも、歌ってみた」系の動画に焦点を当てて紹介する。

彼の「歌ってみた動画」は選曲が"やや独特"。「シャルル」「アイネクライネ」と言った流行りの歌以外も、アラサーの心をくすぐる『あの懐かしい歌』を歌う。その選曲がアラサーの涙腺をくすぐること必至。懐かしくて感動するんだよな~。

の記事を購読しているアラサーのあなたにこそ、是非とも視聴して欲しい!そう思い筆を執った。

f:id:hetiyaborake:20190808233406p:plain

◇もこうとは?

この記事を読んでる方は、YouTuber「もこう」は知ってるよな。ここでは、軽く説明する程度に留めよう。

この人は、元ニコニコの配信者。ニコニコ配信時代、主にポケモンの実況動画を投稿していたぞ。「炎上系」とでも呼べば良いのだろうか?動画内での自己中心的な発言・行動で一躍有名になった。

f:id:hetiyaborake:20190809032805p:plain

有名になった当時はアンチこそ多かったものの、彼の持つ「飾らない人間臭さ」が視聴者に徐々に浸透していく。裏表の無い正直な言動に嘘は無く、常に本音で体当たり。今ではアンチよりもファンの方が多く、YouTubeのチャンネル登録者は72万人越え。有名配信者の1人である。

◇【3選】歌ってみた

と、言うことで記事のタイトル通りアラサーのあなたにこそ聞いて欲しい「もこうの歌ってみた動画」を紹介する。今回は3つに厳選している。お前ら、ハンカチの用意はできてるか?

 

①風といっしょに

この曲は、映画「ミュウツーの逆襲」のエンディングに使用された曲。まぁ、説明するまでも無いな。アラサーの君だったら、ご存知だろう。

この動画は、歌もそうだが、作りこまれた映像にも注目すべき。動画開始のイントロ20秒間、彼のニコニコ時代の映像がでてくる。そこから歌の開始と共に、YouTuberもこうが登場。過去の思い出を噛みしめる様に町を流浪する。ニコニコ時代から彼を支えてきた視聴者は、が熱くなること間違い無し

不登校」「受験は失敗」「大学生活もイマイチ」「初めて務めた会社もすぐ辞め」「転職先の会社もすぐに退職」。社会人としては圧倒的な敗北者と言わざるを得ない彼。そんな彼に唯一与えられた才能「配信」。

苦悩・多難にまみれた青春だったが、自分の才能を信じて突き進んできた男。そして、信じて突き進んだからこそ掴んだ栄光。

そんな彼が歌うからこそ、この歌詞は視聴者の心に突き刺さる。配信者としての彼の成長を感じる素晴らしい動画だ。俺も彼の様に、立派な大人に成長できただろうか?

 

②ポケットにファンタジー

まず、始めに1言。選曲がズルいだよ!!。この歌は、テレビアニメ「ポケモン」の3代目エンディングテーマ曲。

 「もう一度、子供に戻ってみたい」。当時、小学生だった自分にはサッパリ理解できなかったな~。そして大人になった今、20年越しに聴くことで、やっとこの歌の意味を理解。

俺も大人になったな~」。こんなノスタルジックな思いに浸れるのは、子供の頃ポケモンを視聴していたアラサーの特権ともいえる。

して、俺らと同じ様な思いを持つ”もこう”がこの歌を歌う。何て深みのある「歌ってみた動画」だろうか

また、歌の所々にアレンジを加えているのもグッド。歌い手自身も楽しんでいる様子が伝わってくる。等身大の自分で歌っている様子が、涙腺をくすぐって来るんだよな~。

 

 ニャースの歌

テレビアニメ「ポケモン」の2代目エンディングテーマ曲。

 ガラガラ声のニャース(CV:犬山イヌコ)が歌っていた歌だ。ニャースが歌っているので気付きにくいが、本来、この曲は切ない歌詞でノスタルジックな雰囲気を持つ

もこうは、そこに焦点を当てて、切なさに振り切って歌う。歌い手「もこう」としての力量が遺憾なく発揮されている。視聴者からは『そこらへんの歌い手よりも上手い』と純粋に評価する人も散見。

後半は、彼らしくお道化ているが、それもまた一興。

 

以上だ。では。

【シャドバ×統計】データ分析から見えた「シャドバの過去と現状、そしてこれから」

データ分析から、今のシャドバ界隈をぶった斬る!

お疲れ様です。今回はシャドウバース(以下、シャドバ)のデータを解析します。データは、ウェブスクレイピングにより取得しました。取得の方法は前回の記事参照だ。

解析するデータはどんなデータなのか?下に載せました。こんな感じです↓

f:id:hetiyaborake:20190805142713p:plain

f:id:hetiyaborake:20190805162920p:plain

「クラスごとの戦歴データ」を時系列ごとに取得しています。year=1は、2018年1月1日~2018年1月7日の戦歴データ。そこからyearが1増えるごとに翌週、翌々週、翌々々週・・・の戦歴となっております。以下、year以外の変数も説明。

●class:エルフ、ロイヤル、‥の7クラスある。
●N_use:そのクラスが使われた回数。
●Rate_use:N_use / 全クラス数。
●Rate_FirstV:先攻の勝率。
●N_win:勝利数。
●Rate_V:勝率(=N_win / N_use)。
●Rate_SecondV:後攻の勝率。

◎データから見える問題点

 ということで、データ分析します。まずは、各ランクごとの使用割合をグラフ化した。下の円グラフがそれだ。グラフを見る限り、ランクMの使用割合が非常に高いことがわかる。集計の結果、シャドバプレイ人口の実に8割がMaste(GrandMaster含む)であることが分かった。

f:id:hetiyaborake:20190805220029p:plain

それ以外のランクで全体の2割を占めており、低ランクになるにつれて、対戦数(使用数)が減少。ランクBに至っては、対戦数(使用数)が全体の2%(0.2割)ということが分かった。

シャドバ人工の高ランク化が一目瞭然。シャドバを新規に始める層が減ってきていると解釈することも可能だろう

ちなみに、時系列ごとに各ランクの使用数をグラフするとこんな感じ。

f:id:hetiyaborake:20190806020639p:plain

電図の様に、ある時点を境に一気に対戦数が急上昇する。これは、新カードパックの登場によるものである。新しいカードパックの登場で、ここまで増加するのは驚きだ。

2018年3月に登場した「起源の光・終焉の闇」に関して言えば、登場以降、対戦数が4倍に激増している。

ただ、year=30~70では新弾の登場にも関わらず、対戦回数の急上昇に繋がらなかったようだ。

しかし、year=75に登場した「リバース・オブ・グローリー」で勢いを取り戻した。過去のシャドバユーザーを呼び戻すことに成功したのだろうか?

f:id:hetiyaborake:20190806143855p:plain

続いてクラスごとの使用推移を時系列で見てみよう。こんな感じ。

f:id:hetiyaborake:20190806150221p:plain

時期によって使用率にブレがあるが、どのクラスも使用率10%~20%付近で推移している。

特筆すべきはヴァンパイヤ。year=75付近の「リバース・オブ・グローリー」登場時にヴァンパイヤの使用率が5割になっている

f:id:hetiyaborake:20190806150841p:plain

俺は、グラフを描いてみて目を疑った。集計ミスか?と思い、元のデータを確認したがマジらしい。

「リバース・オブ・グローリー」は、ヴァンパ有利なカードがバンバン登場してたしな‥。使いたくのも頷ける。

◎相関関係を確認。

 さて、使用率勝率には相関があるのだろうか?

このゲームは勝つことが目的ですから、勝ち易いクラスであれば当然使用率が増えるはず。というのは何となく想像がつく。

ということで図示。予想通り、使用率と勝率には明らかに正の相関があることがわかる

f:id:hetiyaborake:20190806154207p:plain

 これだけと考察に欠けるので、気付いたことをもう1点ご報告。

の図をよ~~く見て欲しい。勝率が上がれば上がるほど、使用率に大きなブレが発生しているようだ。同じ勝率でも、使用率がそこまで伸びないこともあれば、使用率が爆上がりする場合もある

f:id:hetiyaborake:20190806155731p:plain

は、「勝率」「使用率」「先攻勝率」「後攻勝率」の4変数で、各クラスで相関係数を求めてみた。相関係数とは、2つの変数の類似度を表現する数。-1から+1までの値を取り、+1(もしくは-1)に近づく程、2つの変数の類似度は大きいと言える。

この相関係数を表にして纏めたモノを相関行列と呼ぶ。ということで、各クラスごとに4×4の相関行列を描写したぞ。↓↓

f:id:hetiyaborake:20190806164732p:plainf:id:hetiyaborake:20190806165846p:plainf:id:hetiyaborake:20190806170946p:plain

こんな感じです。ビショップを除き、どのクラスも同じ様な相関行列になった。どれも相関係数「0.7~0.9」位だ。「使用率」「勝率」「先攻勝率」「後攻勝率」、どれもデータとして類似度が強いと言える。

の相関行列の調査で語るべきはビショップ。先攻勝率と後攻勝率の相関係数が、このクラスのみ0.3となった統計学的に相関係数0.3は『弱い相関』ということになる。

f:id:hetiyaborake:20190806172000p:plain

これは要するに、ビショップは環境によって「先攻と後攻で勝敗がハッキリと分かれるクラスである」ということだ。

補足データとして、下の折れ線グラフをみて欲しい。これは、先攻の勝率から後攻の勝率を引いた数値の推移を表している。縦軸は「割合」、横軸は「year」である。ビショップはシアン色で、比較用としてドラゴンを赤色で描写している。

f:id:hetiyaborake:20190806175455p:plain

ドラゴンは0.05付近で安定的に推移してる一方、ビショップはシーズンによって、大きくブレていることがわかる。ビショップは環境によって「先攻と後攻で勝敗がハッキリと分かれるクラスである」。良いことを知れました。

◎ドラゴン=ネクロ?

 続いて、似たようなクラスを見つけていきたい。統計的な用語で言うと「クラスタリング」をしてみたいと思う。クラスタリングに使う変数は、yearごとの勝率とした。新規カードの追加によってクラスの勝率は激しく変化するが、似たような勝率の推移をしているクラスは何なんだろうか

まずは、全クラスの勝率を折れ線グラフで確認した。

f:id:hetiyaborake:20190806210438p:plain

わかりづれーな‥。ということで、k-meansと呼ばれる手法を使う。これは傾向が似ているデッキを特徴別にグループ化してくれる便利なクラスタリング手法だ。実行結果が以下。

f:id:hetiyaborake:20190806210916p:plain

解析の結果、「ドラゴン&ネクロ」「ビショ&エルフ&ネメシス&ロイヤル」「ヴァンプ」の3つにグループ化することができた。

特徴別にグループ化できたところで、ドラゴンとネクロの勝率推移を見てみよう↓↓↓。確かに、ドラゴンネクロの勝率推移似てるな…。

f:id:hetiyaborake:20190806211507p:plain

では続いて「ビショ&エルフ&ネメシス&ロイヤル」の勝率推移↓↓↓。ロイヤルのブレが激しいモノの、似たような推移となっている。k-meansにかける際、識別クラス数を4とかに増やしてみると、ロイヤルがこのクラスタから抜けるのだろう。

f:id:hetiyaborake:20190806212424p:plain

最後に「ヴァンパイヤ」。このクラスは似たようなクラスがいない。言うならば、独自の推移を歩んでいるクラスだ↓↓↓。確かに、他のクラスには無い「揺れ幅の激しい推移」となっている。

f:id:hetiyaborake:20190806212857p:plain

うちょっと、平滑化して分かり易く図示したのが下の画像↓↓。こんな感じで勝率が推移しています。

f:id:hetiyaborake:20190807011657p:plain

ドラゴンの勝率が高い環境だと、ネクロの勝率も高い(逆もまた然り)。エルフの勝率が高い環境だと、「ロイヤル」「ヴィショップ」「ネメシス」の勝率も高い(逆もまた然り)。ヴァンパイアは独自路線。ということだ。

◎シャドバは後攻有利!

シャドバは先攻有利なゲーム。という印象が強い。しかし、現状においてはその認識は間違っている。下の図を見て欲しい。これは、各クラスごとに「先攻勝率-後攻勝率」を時系列に並べたものだ。

f:id:hetiyaborake:20190806221143p:plain
確かに「リバース・オブ・グローリー」登場前は、先攻勝率-後攻勝率>0(⇔先攻勝率>後攻勝率)な状況が続いていたが、「リバース・オブ・グローリー」登場後、先攻勝率-後攻勝率<0(⇔先攻勝率<後攻勝率)方向に下降。現状、後攻でも充分戦える環境になっている。

ビショップ・ドラゴン・ネメシスに限って言えば、寧ろ後攻の方が勝率が高い。という状況になっているのだ。

◇最後に

ここまで記事を読んで頂きありがとう。とあるサイトから引っ張ってきたデータのため、シャドバプレイヤーの母集団とは異なる部分もあると思う。しかし、ある程度の目安にはなると思い、今回解析を実施してみたぞ。これからも、色々データ解析していくので、よろしかったら購読よろしく!youtubeもやっているので、良かったら登録してね!