読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へちやぼらけのブログ

総PV数4万を達成し着々と知名度を伸ばしつつ、やっぱりまだまだ駆け出しのブロガーのブログ

東京で働くSE(2年目)です。
経済学、統計学や会計など、数学ちっくな学問に興味あり。

ぶんぶん商品比較(ヒカクキン)、目から鱗の役立つ本の紹介などなど書いてます。
もっともっとブログを盛り上げていきたい。ゲーム音楽が大好きです!

アドラー心理学②

こんにちは、へちやぼらけです。

年をとればとるほど、時間の流れが早くなるといいますが、

アレはマジですね・・・w(一ヶ月って終わるのこんな早かったっけ??)

 

時の流れの速さに、まだついていけない自分ですw

 

 

さて、前回読んだ「嫌われる勇気」を受けて、

今回もアドラー心理学について少しだけ。

 

(詳しくは、この本を買って読んだ方が絶対良いのですよ・・・。

「この本を買うきっかけになれば」、こんなモチベです。)

 

※自分は、心理学の初心者なので、間違いや誤解があるかと思います。

そこらへんの所、宜しくお願い申し上げます。間違いのご指摘あれば、歓迎。

 

 

衝撃の幕開けで「アドラー心理学」のホンの一部を紹介したわけですが、

今回も、衝撃ネタを引っさげやってきましたよ・・。

 

突然ですが、自分の人生は誰のものですか?(ん?)

お父さんや、先輩、上司や部下のものでもない。

自分のものですよね・・。

こんな、幸せになる・・・・以下略 

 

 

自分の人生。やっぱり自分のことを考えて生きてゆきたいですよねw

そういった上で自分を知り、身の丈にあった行動をするのが大事であると

思うんですよ。

 

アドラーさんは、

「自己受容」という概念を提唱しています。

「自己受容」とは自分の長所短所含め、

周りにいる他人がいくら高身長高学歴ハイスペック人間だからと言って、

決して卑屈にならず自分を真正面から受け入れる

ということです。

 

他人と比較しても何も産まれないじゃないか!

大事なのは、自分に与えられたものをどう使うか?頑張ろうぜ!

後ろ向きな人を励げましているように思われます。

 


例えば、

トランプの「大富豪」ってゲームするときに、

自分のカードが弱いからと言って、諦める人いないですよね。

 

寧ろ、与えられたカードで今現在の勝負を全力で楽しむ

そんな、人生をアドラーさんは推奨しています。(たぶん)

 


人生と大富豪一緒にするな!って怒られそうですけど、

それ?アドラーさんの前でも言えんの??

(いや、俺もどう答えてくれるのかわからないw すいません・・。)


それにしてもどうすか?

この能動的かつ前向きな姿勢??w

アドラーさんは

一昔前のジャンプの主人公か何か?w

 

前回も言いましたが、

「ハ?ナニイッテンノコイツ?」と思うようなトンでも理論でも

この本の著書は分りやすく納得いくまで説明してくれる

塾の講師とか天職じゃないですかね?

 

ただ、日本人の一般常識からすると、あまりにかけ離れている。

実践するのは、相当の覚悟が必要ですね・・・w

 

 

 

次は、

とあるライトノーベルについて書こうと思います。

もちろん著作権真っ最中。十二分に気をつけたいです。

 また、次回w